良くあるご質問

導入前の技術的なご質問に関して
アルファSSL > サポート > FAQ > 導入に関して > 導入前の技術的なご質問に関して

導入前の技術的なご質問に関して

導入に際して必要なことはありますか。


特にございませんが、お客様のお使いのサーバが、独自ドメインでのSSLが利用可能であるかは、事前にご確認ください。

CSRを生成及びインストールのための、ウェブサーバに対する管理者アクセス権限と、本人確認のための<admin@ドメイン名或いはサーバ名>のメールアドレスを受信できる権限があれば、全てオンラインにてお手続きいただけます。

一覧へ戻る

複数のドメインを1つの証明書で登録できますか。


SSLサーバ証明書は、一つの証明書で一つのコモンネーム(サーバ名)だけを証明します。したがいまして、複数のコモンネームの証明が必要な場合には、その数だけ証明書をお申し込みいただく必要がございます。 一台のウェブサーバで複数のサイトを構成している場合、サブドメイン側のURLでアクセスすると「証明しているサーバ名と違います」というような警告がブラウザに表示されてしまいます。

一覧へ戻る

    1台のウェブサーバで複数のウェブサイトを立ち上げようとしております。

    1台のウェブサーバで複数のウェブサイトにサーバ証明書を発行する際、それぞれのウェブサイトにIPアドレスが必要です。IPアドレス割当てのないバーチャルなドメインに対しては、個別のSSLサーバ証明書はご利用いただけません。IPアドレスが割当てられているサイトのコモンネーム(サーバ名)でご利用ください。(つまり、IPアドレス1つに対して1つのSSLサーバ証明書が利用可能です。)

    これは、ウェブサーバの構造的な仕様によるもので、ホスティング業者様によるサービスや、SSLサーバ証明書ベンダを問わず、この制約はございます。ただIPアドレスが一つしかない場合でも、デフォルトではないポート番号を利用すれば各コモンネーム毎にSSLの設定は可能ですが、サーバにアクセスするユーザ側の環境によっては問題が発生する場合もありますので、広く一般に公開するような用途のウェブサーバの場合にはお勧めできません。設定方法に関してはサーバにより異なりますので、サーバベンダ・ホスティング業者様へお問い合わせください。

    一覧へ戻る

    注文フォームだけをSSLで暗号化し、お客様に安心を与えたいと思います。SSLで暗号化するには、フォームのページを作り変える必要があるのでしょうか。


    注文フォームのみSSLでセキュアにしたいということであれば、フォームに繋がるリンクの指定をhttps://で指定し、フォームが終了した先のリンクをhttp://に戻るように指定すればよろしいかと思います。 現在のフォームを変更する必要はありませんが、URLの指定によってはアンカー部分のHTMLを手直しする必要があるかも知れません。

    一覧へ戻る

    証明書発行手続きの際に、グローバルIPアドレスの情報は必要でしょうか。IPアドレス未定の段階で申請できますか。

    サーバ証明書の証明する内容には、IPアドレスの情報は含まれておりません。CSRを生成した際にも含まれておりません。
    よって、IPアドレスのない段階でCSRの生成までは進めていただけますが、管理者メールアドレスに届くメールを受信して承認する作業が必要ですので、DNSが引けてメールが届く必要がございます。

    一覧へ戻る

    1台のウェブサーバで、xxxx.jpとwww.xxxx.jpを運用しています。これは同じページで公開しています。この場合でも2つのサーバ証明書を購入するのですか。


    同じウェブサーバで同じコンテンツでも、ブラウザからアクセスされるURLとしては “別のサイト”となります。ただし、アルファSSLは、デュアルアクセス対応ですので、コモンネームが「www.+example.com」 の構成 の場合に、審査時に「example.com」のドメインで審査すると「デュアルアクセス」が適用されます。 以下の条件にあった認証をすると、ドメイン名のみでもご利用可能です。
    ホスト名がwww.以外である場合は、別々のサイトとして2つお申し込みいただくか、ワイルドカードのオプション契約の必要がございますのでご注意ください。

    <例:>
    コモンネーム:www.alphassl.com
    接続可能URL:https://www.alphassl.com/ および https://alphassl.com/

    コモンネーム:shop.alphassl.com
    接続可能URL:https://shop.alphassl.com/

    コモンネーム:www.shop.alphassl.com
    接続可能URL:https://www.shop.alphassl.com/

    ※www. 無しのアドレスは、携帯電話の機種によってはアクセスができない場合があります。

    【認証具体例】
    認証方法 変更前 変更後
    認証に利用するアドレス デュアル
    アクセス
    認証に利用するアドレス デュアル
    アクセス
    メール認証 admin@www.example.com admin@www.example.com ×
    admin@example.com admin@example.com
    Whois情報登録メールアドレス Whois情報登録メールアドレス
    ページ認証 http://www.example.com http://www.example.com ×
    http://example.com http://example.com
    DNS認証 www.example.com www.example.com ×
    example.com example.com

     

    一覧へ戻る

    Webサーバ GlassFish で使用することはできますか。


    GlassFishは、JavaのKeystoreファイルで鍵を管理していますので、以下マニュアルの手順にてCSR生成、証明書のインストールを行っていただくことでご利用可能です。

    [CSR生成] Keytool (新規・更新)

    [インストール] Keytool (新規・更新)


    デフォルトで読み込まれるJKSファイルは、config内のkeystore.jksです。

    例:domain1 というサイトの場合
    インストールディレクトリ/domains/domain1/config/keystore.jks

    なお、デフォルトのパスワード changeit 以外をご利用になる場合、別途設定が必要となります。
    詳しくは関連サイトや、製品サポートにてご確認ください。

    How to change the Keystore Password
    http://weblogs.java.net/blog/kumarjayanti/archive/2007/11/ssl_and_crl_che.html#4

    一覧へ戻る

    4D Server で中間証明書をインストールする方法


    4D Serverでの中間証明書のインストール方法について、以下の情報が公開されております。
    証明書と続けて中間証明書を記載することで対応可能なようですので、お試しください。

    証明書チェーンに対応する方法
    http://tech.4d-japan.com/Tips/1260/

    より詳細な情報につきましては、製品サポートにご確認ください。

    一覧へ戻る

    富士通 IPCOM EX シリーズに対応していますか。


    はい、ご利用いただけます。開発元にて動作検証済みです。
    http://fenics.fujitsu.com/products/ipcom/catalog/faq/ipcomex_faq_qa1.html#ssl-6

    富士通 IPCOM EX シリーズの詳細については、下記のサイトをご確認ください。
    http://fenics.fujitsu.com/products/ipcom/

    一覧へ戻る

    バラクーダネットワークス社の Barracuda Load Balancer、Barracuda Web Application Firewall に対応していますか。


    はい、ご利用いただけます。

     

    一覧へ戻る

    コヨーテポイントシステムズ社の Equalizer GXシリーズ に対応していますか。


    はい、ご利用いただけます。

    コヨーテ・ポイント社 Equalizerの詳細については、下記のサイトをご確認ください。
    http://www.networld.co.jp/coyote/main.htm

    一覧へ戻る

    ラドウェア社のAppDirector/AppXcel/Alteonに対応していますか。


    はい、ご利用いただけます。

    Radware社の各製品の詳細については下記のサイトをご確認ください。
    http://www.radware.co.jp/product/index.html

    一覧へ戻る


 

ページトップへ
SSL Supported Browsers